一般事業主行動計画 Actionplan

次世代育成支援対策推進法

「次世代育成支援対策推進法」に基づき、当社の一般時事業主行動計画を紹介いたします。
一般事業主行動計画(以下「行動計画」)とは、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備等の取り組みを行うため実施する次世代育成支援対策に関する計画です。
従業員101人以上の企業には、行動計画の策定・届出、公表・周知が義務付けられ、当社において今回は第8期の行動計画の取り組み期間となっております。
今後も働きやすい職場環境づくりを検討してまいります。

次世代法「一般事業主行動計画」

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2021年4月1日から2023年3月31日までの3年間

2.内容

■ 目標1

計画期間内に男性社員2人以上の育児休職を取得する。

<対策>

2019年10月

男性も育児休業を取得、短時間勤務を利用することができることを、社内掲示板などにより従業員へ積極的に周知する。

2022年1月

子どもが出生する従業員に対し、産休・育休や子育てに関する制度説明のためのツールを作成、運用開始。

■ 目標2

在宅勤務制度を導入する。

<対策>

2021年8月~

制度内容の検討

2021年10月~

制度導入開始

女性活躍推進法

「女性活躍推進法」に基づき、当社の一般事業主行動計画を紹介いたします。
女性活躍推進法は、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、2016年4月に施行されました。この法律では、女性の活躍推進に対する取組みを着実に進めるため、従業員数301名以上の企業に対し、自社の行動計画を策定するよう定められております。
ホンダロックとしても、基本理念である「人間尊重」のもと、全従業員がより能力を発揮できる、働きやすい職場環境づくりを目指して取り組んでまいります。

女性活躍推進法「一般事業主行動計画」

仕事と生活を両立させることができ、社員全員が働きやすい職場環境をつくることによって、女性従業員がその能力を十分に発揮し、更に活躍できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間

2.内容

■ 目標1

女性係長級以上の人数を2015年度末時点の4倍以上にする。

<取組内容>

2021年度〜

次の上位資格チャレンジに繋がる社内研修を実施。
自身のスキルアップをサポートする制度の検討。

2022年度〜

スキルアップサポート制度の導入

■ 目標2

育休を取得した従業員の復職率100%

<取組内容>

2021年度〜

人事制度を改定し、両立支援に資する環境を整備する。
(導入済:短時間勤務制度、半日有休制度、子の看護休暇)
(策定中:在宅勤務制度【2021年度導入目標】)