ガバナンス Governance

ガバナンス

基本的な考え方

ホンダロックは、お客様、社会からの信頼を高めるとともに、会社の迅速・果断かつリスクを勘案した意思決定を促し、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ることで、「存在を期待される企業」となるために、経営の最重要課題の一つとして、コーポレートガバナンスの充実に取り組んでいます。

コーポレート・ガバナンス体制図 Corporate governance system

コンプライアンス

Honda Lock行動規範 Honda Lock Code of Conduct

お客様や社会からの信頼を得て持続的に成長していくためには、法令を遵守することはもちろん、誠実で倫理的な行動を実践していく必要があります。
こうした認識のもと、ホンダロックは、世界中のホンダロックで働く人々が実践すべき誠実な行動をまとめた「Honda Lock行動規範」を制定し、国内外の子会社を含むグループ全体で共有しています。
「Honda Lock行動規範」を従業員一人ひとりに浸透させていくことを目的に、リーフレットの配布やポスターの掲示を行うとともに、研修を実施するなどの周知活動を行っています。

HLCG改善提案(内部通報制度) HLCG improvement proposal

ホンダロックは、企業倫理問題の改善を図る仕組みとして「HLCG改善提案窓口」を設けています。本窓口では、職場で法令違反や社内規則などに反する行為が生じた場合、何らかの理由で上司に相談がしづらいなど職場内での改善や解決が難しいものについて、公平かつ中立な立場で提案(相談などを含む)を受け付けています。
さらに、明確な法令違反や社内規則違反があった場合のほか、疑わしい行為があった場合の相談および社内規則の内容に関しての問い合わせなども受け付けており、事実関係の確認を行っています。提案は、Eメール、手紙、電話が活用でき、提案者については、不利益な取り扱いがないよう保護を図るとともに、匿名での提案も受け付けています。また、より提案しやすい環境を整えるため、外部の弁護士事務所による窓口も設置しています。
また、窓口の社内認知度向上に向け、イントラネットへの案内掲載、周知用カードの配布、各職場での周知用ポスターの掲示などを行っています。これらのツールには通報者の保護を明記しています。

リスクマネジメント

リスクマネジメント体制の整備 Establishment of risk management system

ホンダロックは、グループ子会社までを適用範囲として含む「Honda Lock グローバルリスクマネジメント規程」を制定しています。
この規程は、ホンダロックフィロソフィーに基づく企業の持続的成長や経営の安定化を図ることを目的とし、グローバルレベルで事業に影響のあるすべてのリスクを対象としています。
活動の推進にあたっては、取締役会で選出されたリスクマネジメントオフィサーが中心となって、その仕組みづくりや定着に向けたフォローを実施しています。
また、各組織は、規程の基本方針に基づいて、リスクマネジメント事務局を設置し、自立したリスクマネジメント体制を構築することで、自らの責任においてリスクマネジメント活動を推進しています。
主な取り組みとして、共通の手法を用いてリスクを特定・評価・対応する「リスクアセスメント活動」を全社的に行っています。また、 危機が発生した際には、影響度に応じてグローバル危機対策本部を設置し危機対応にあたっています。

リスクアセスメント活動 Risk Assessment Activity

ホンダロックは、グループ全体でリスクアセスメント活動を展開しています。
この活動は、事業を取り巻く潜在リスクを予見し、事前に対応を行うことでリスクを極小化することが目的です。各部門で年1回、グループ共通のリスク項目、評価基準に基づきリスク評価を行い「部門重点リスク」を特定し対応を行っています。
また、全社レベルではリスクマネジメントオフィサーの判断のもと、「全社重点リスク」を特定し、役員会で共有・議論を行っています。

情報管理 Information Management

ホンダロックは、機密情報や個人情報などの情報資産を保護することを目的に、グループ子会社までを適用範囲とした「Honda Lock Global Confidentiality Policy (HLGCP)」、「Global IT Security Policy(GITSP)」を制定し、組織的な対応体制、機密情報や個人情報を取り扱うにあたっての遵守事項、情報システムやネットワークにおけるセキュリティ基準、情報漏えい発生時のレポートラインなどを規定しています。