ホンダロックの技術 Honda Lock Technology

ガスアシスト成形

ENTRY

射出成形の応用技術で、材料と一緒に不活性ガスを充填することで保圧起因のNG事象を改善する製法です。

①フルショット法

金型内にキャビティ容積と同量の材料を入れた後、冷却固化時の収縮を補う量の高圧ガスを充填します。

<長所>
選択的にガスが厚肉部を流動するため、効率的にヒケを抑制できる

<短所>
・充填できるガス容量に限度がある
・狙った箇所にガスを進展させることが困難

②ショートショット法

金型内にキャビティ容積より少ない材料を入れた後、高圧ガスを充填して膨張させます。

<長所>
・中空率が上がるため厚肉品を成形できる
・ソリッド成形に比べて軽量化できる

<短所>
・充填できるガス容量に限度がある
・伸び量の少ない材料には適用できない
・ヘジテーションが発生するため、中空部となる材料を吐出すための予備キャビティ(オーバーフロー)が必要